スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻の?トマト入手

こんにちは。
5月らしいさわやかな天気が続いていますね。

主人や子供たちを送り出した後、
朝市に行くのが日課になりつつあります。

野菜高騰で世間では大変なようですが、
朝市では、ピカピカの野菜が
いつもの価格で手に入っています。
ありがたいことですね。

よくお会いするおばあちゃんに、
おいしいトマトを教えてもらって。
道路わきにある小さなトタン小屋で、
手書きのポスターに、
トマトの絵と150円という価格が書いてあります。
「トマトを買うなら、あそこがいいが。
 おいしくて、値段も朝市より安い。
 このトマトは甘いきに、冷蔵庫に入れんと、
 テーブルに載っけといて、そのまま食べるといいが」
という内容を、生粋の土佐弁で教えてくださって。
通りかかるたびにのぞくのですが、いつもカラ。
たまにしか出ないのかな、と思っていたのです。

ついに今朝、白いバンが横付けしているのを発見!
急いで行ってみると、立派なトマトが50袋ほども
品だしされています。
「おはようございます。いつも通るんですが、なかなかなくて。
 たまにしか出さないんですか?」
と声をかけると、
「いつも出してるけどねぇ。みんな早いからねぇ」との返事。
並べ終わるのを待っていると、
どこからか、もんぺ姿の女性たちがわらわらとやってきて。

「はい、おはようさん。2つもらうで」
「うちは大きいのを。」
と言いながら、並べている途中のトマトを、
どんどん買っていきます。
「わたしら、そこのハウスで仕事しながら、車が来るのを見ちょるきに」
と笑顔で私に声をかけ、
「おーい、早よ来な、のうなる~」
と、周りのビニールハウスに向かって大声で告知しています。

なぁるほど、この勢いで売れていくなら、
めったに見かけないのも納得です。

真っ赤で、ほんのり柔らかくて、ずっしりと重いトマトを
2袋、手に入れることができました。
見るだけで、持つだけで、おいしそう。
アドバイス通り、夕方までテーブルの上に置いて、
夕食のサラダにしたいと思います。
スポンサーサイト

須崎の名所、クスノキふたつ。

こんにちは。晴れたり降ったり、ヘンなお天気ですね。
洗濯物をうっかり外に出して、しっかり降られました。
天気予報って当たりますね~

春みたいな、わずかな晴れ間を利用して、
須崎の名所に行ってきました。
国定天然記念物の大谷のクスノキと、
楠木(くすのき)鮮魚店です。

大谷のクスノキは、四国で一番大きいクスノキだそう。
根元には、大人も通れる大きいホラがあって、
木のいい香りがします。
うん、トトロ好きな子供なら、大喜びで走り回りそう。
ホラの中には神像が祭られ、病弱な人が治る、と書いてありました。
秋にはお祭りもあるとのこと、子供を連れて来たいなぁ。
ママ友たち4人で眺めていると、
通りがかった年輩の男性が
「あんたたち、これの起源は知っとるかね?」
と声をかけてきてくれました。
昔は海だったこと、
地震や津波で山からすべり落ちてきたこと、
向こうの山まで根っこが伸びていることなどを
熱心に話してくださいました。
みんなに愛され、大事にされている木なんですね。

大谷のクスノキから海に向かってすぐのところに、
楠木鮮魚店がありました。
その日に定置網にかかった魚を、
いけすに入れてて店頭で販売していて。
ピチピチのとれとれです。
大きなハマチが500円だったので、
半身をお刺身にして、半身を塩焼き用にしてもらって。
調理代が無料なのもうれしいです。
エソのすり身300円は、
ゴボウやニンジン、豆腐と一緒に揚げるとおいしいそう。
まだ、あたたかい鯛飯は200円です。
ママ友は、イカをそうめんや刺身にしてもらっていました。
皿鉢料理が3000円から注文できるので、
今度、お客様が来たときに利用してみたいな。
年中無休、日曜日にやっているのも、須崎では珍しいですね。

営業時間 9時から16時まで(日曜のみ正午まで)
携帯電話 090-3783-6894

午前中の2時間で、遠足みたいな楽しい時間を過ごせました。
夕飯のおかずも手に入って、主婦にはうれしい限り。
どちらも、ちょっと場所がわかりにくいので、
(地図が張れなくてすいません)
気をつけて行ってみてくださいね。

小松美智さんのシフォンケーキ

おはようございます。
昨日、遊びにきてくれていた子のお母さんから、
「夜、急に熱を出して。ごめんなさい」と連絡があって。
子供のことはお互いさまですが、
新型インフルエンザがジワジワ近づいてきているようで、ドキドキします。

さて、昨日、鏡村のカスケードに
連れて行ってもらったのですが(詳細は次回)。
その帰り道に、とてもおいしいシフォンケーキを教えてもらったので、
先に、ちょこっと書いておきますね。

針木のサンシャインの一角に置いてあって、
プレーン、いちご、コーヒー、抹茶、ブルーベリー、オレンジなど、
いろいろな種類があります。
シフォンと言うと、ふわふわして、ちょっと頼りないイメージなのですが、
こちらはきめが細かくて、しっかりとした弾力があって、
しかもしっとりしていて、とてもおいしいのです。

原料は、国産小麦粉、砂糖、全卵、油、牛乳というシンプルさ。
大きくてどっしりした半ホールで、368円。
この味と大きさで、このお値段! 本当に良心的だと思います。

娘も長男も、ケーキがあまり好きじゃない父ちゃんも、
家族みんなのお気に入りになりました。

お友達の転勤妻さんは、
「小松美智さんに電話しようかな。転勤しても送ってもらいたいな。」
という惚れ込みよう。

住所を見ると、野市のかたみたい。
針木のサンシャインには、毎日あるわけじゃなく、
売り切れちゃうことも多いようですが。
もし、見かけたら、ぜひ一度、試してみてくださいね。

それにしても、高知のスーパーマーケットって、
それぞれの店で、日によって、
特色のあるおいしいものを扱っているんですね!
行き慣れていないスーパーは、なかなか入りにくいものなのですが、
これからはちょこちょこのぞいてみたいと思います。

亀泉の会で、日本酒デビュー。

こんにちは。また、あたたかくなってきましたね。
小学校で新型インフルエンザが流行りだして。
毎日無事に帰ってくるまで、ドキドキしています。
予防接種、間に合うかなぁ…

先日、待ちに待った、亀泉の会が開かれました。
ママ友のご実家近くに酒蔵があり、
そこの新酒が、とにかくおいしいそうで。
季節になったら「亀泉の会」をしてくれる、という
半年前の約束を忘れず、律義に守ってくれたのです。

ママ友のお父さんが釣り上げた刺身や、
おでん、かつおめしなど、高知のご馳走もいっぱい用意してもらって。

さっそく、おすすめの冷酒を、ひとくち。
フルーティで香りがよくて、軽くて涼やかでほんのり甘くて、
うんと上等な白ワインを飲んでいる感じ。
日本酒特有の、べたべたした重たい後味が全くしません。
こんな日本酒があるですね~!
ママ友と亀泉のおかげで、
土佐の高知で、日本酒デビューを果たすことができました。

たいあいも、ものすごく気に行って、
教えてもらったスーパーに買いに行きました。
土佐市の限られた店だけで売っているみたいで、
もしかしたら、もうないかもしれません。ごめんなさい。

…ここまで書いておきながら、このお酒、商品名がなくて。
商売気がないというか、それだけ、自信があるのかもしれませんね。

ええっと、緑の瓶で、720ミリリットルで1440円で。
手書き風の和紙のラベルに、
「亀泉 純米吟醸原酒」って書いてあって、
赤い「生酒」っていうハンコが押してあります。

「ワインやカクテルが好きだけれど、日本酒はちょっと…」
という、たいあいのような女性は、ぜひお試しを!
このさらりとして軽やかな飲み口、感動してしまいました。
とくに、高知のお刺身に、よく合う気がします。

他にも、お手製のヤマモモ酒や梅酒、
スパークリングワインなど、めいめいが持ち寄ったものを開けて、
時間いっぱいまでしゃべって。
高知の女性と飲むのは、本当に楽しいです。
お街(高知市内)にも素敵な居酒屋さんや屋台がいっぱいあるとのこと、
次回、外での飲み会も、とても楽しみにしています。

発見! いごっそう ~細木果物店~

いごっそう。
地元の人に聞くと、いいイメージだけじゃない言葉のようですが、
たいあいの中では、ちょっぴり頑固で、でも可愛げのある高知の男性、という感じで、
定着してしまって。
先日、まさに「THE いごっそう!」という男性にお会いしました。

週末、お見舞い用の果物を探していて。
地元のママ友に聞くと、
「大事な贈り物なら、角の細木さん。あそこなら間違いないき。」
「うちも! 宅配は心配やき、お中元やお歳暮は、あそこ。」
と絶大な支持を受けている店がありました。

駐車場がわからなかったので隣のスーパーにとめて
「すいません、お見舞い用のメロンを探しているのですが」
と、男性に声をかけました。
「メロンは今は品薄で。これは地のメロンです。おいしいがですよ。」
と、ひとつ選んでくださいました。電話をしながら、
「ちょっと待ってくださいよ。今、包みますき」
と言われて、店内を冷やかしながら待っていると、
花柄のアームカバーをした女性がカブでブルンとやってきて。
どうやら、のしとラッピングのために、
わざわざ奥様を呼んでくださったようです。すいません。

メロンが思ったよりお値打ちだったので、
彼女の好きなミカンも追加することに。
「あのぉ、どのミカンが甘いですか?」
「これはハウス、これは露地。
どっちも、いい畑よ。
こっちは小さくてちょっと剥きにくいき、お見舞いならこれがえい」
とひとつ選んで、みかんのお尻に金のシールを貼り、
見栄えのいいパックに詰めてくださいました。
「地元のお友達に聞いたら、果物ならこのお店がいいよって教えてもらったんです」
待っている間にそういうと、
奥様は「そうですか、ありがとうございます」とニコニコ。
ご主人はにこりともせず、うなずいています。

ご夫婦のお話によると、果物を取り扱って45年になるそうで。
以前は周辺の店舗に卸しをしていたが、
人に勧められて、このお店を開くようになったとか。
「高知の市までいっちょります。市でも古いほうですき。」と、ご主人。
店構えは年季が入っていますが、
聞けば聞くほど、お店の果物がピカピカと輝いて見えます。
そうだ! 
高知に来た記念に、新高梨のうんといいのを、ひとつだけ買って食べてみよう!
「あのぉ、新高梨のいいのって、まだ食べたことなくて。
 どれがお勧めですか?」
「新高梨は、売れません」
えっ? 目の前においしそうな新高梨が、段ボールにいっぱい、あるんですけど…
「これは他の県の新高梨ですき。
 本当においしい地のは、明日から入ります。
 甘さと味が全然ちがいますき。
 今日、ここにあるのは、売れません。」
「せっかく言ってくださってるのにねぇ、すいませんねぇ。」
と、奥様もニコニコ。

目の前にあるのは、一個1000円近い、立派な新高梨です。
新高梨シロウトのたいあいだから、
黙って売っちゃってもわからないのに、と、びっくり。
それ以上に、とても感動して。
こういう人が、いごっそう、っていうのかなぁ、と思いつつ、
メロンとみかんだけを受け取って帰りました。

本当においしい新高梨、そろそろ入荷しているはずなので、今日あたり、行ってみますね。

オクラのおいしい食べ方は?

こんにちは。なんだかムシムシしますね~

幼稚園バスに乗せた帰り、近所に越してきた方と、
朝市に寄るのが日課になりつつあるのですが。

「このタマゴね、すごい新鮮なの。
黄身がコマーシャルのみたいに、ボコッとふくらんでて。
おいしいよ~」と話しつつ、隣のオクラに手を伸ばしたら、
お向かいの列にいた女性が急に、
「オクラのおいしい食べ方、しっちゅう? 
刻んで、卵と小麦粉を入れて、フライパンで焼くが。
お好み焼きみたいに。
ソースでも、ポン酢でも、おいしいが~」
と、話しかけてきました。
「このタマゴも、オクラも、うちのやきね。」と、ニコニコ。
どうやら、ご本人を前に、大声で、出品物をほめてしまったようです。
名札がついているので名前は知っていたのですが、顔はわからなくて。
「山芋のかわりですね、おいしそう!」
「子供も喜びそう」
二人とも、タマゴとオクラをかごに入れました。
今晩、さっそく、作ってみるつもり。
味はまた、アップしますね~

こんなところに、はやまっと~葉山のおいしいとこ3~

こんにちは。気がつけば夏休みですね~。

前回からかなり日が経ちましたが、葉山のおいしいとこ3を書かせていただきますね。

はやまっと。パン屋さんです。
東京でパンを焼いていらっしゃったのですが、娘さんが高知の大学に進学したのを機に、一家で葉山に引っ越して、のんびり営業してらっしゃるそう。

週に3回ほど、お店を開いているのですが。午前中だけだったり、売り切れだったりで、たいあいも3回目で、やっと開いているところに行けました。

ほとんど売れてしまっていて、あまり種類を食べられなかったのですが。
食パンやフランスパンが、特においしい気がします。

葉山の蔵や神社のところを山の方へ入り、赤い橋の手前を左におれ、紡績工場跡を回り込むようにして、住宅街の奥へ。普通の新しいおうちの1Fが、パンやさんになっているのですが。この説明でたどりつくことは難しいと思います。ごめんなさい。葉山では有名なので、どなたかに道を聞いてみてくださいね。

かわうその氷~葉山のおいしいとこ2~

おはようございます。今日もいい天気ですね~
布団やタオルケット、バスタオルなんかをバンバン干しています。
洗っておくものは、もうないかな。


葉山のコナ・カフェに行った時、ママ友ふたりが絶賛する美味しいものがあって。
かわうそ公園の売店にある、かき氷です。
「氷がふんわりしてて、すぐに溶けるが~」
「あそこで水遊びしたら、絶対に子供、食べて帰るがよ」
葉山のかわうそ公園は、かわうそ資料館や宿泊施設、芝生の広場、テントサイトなどを備えた新荘川沿いの人気スポット。たいあい家も、子供を連れて、ちょこちょこ遊びに行ったことがありますが、売店には気が付きませんでした。
さっそく、蒸し暑い日曜日、かき氷好きな、娘と父ちゃんと一緒に行ってみました。
常連さんがコーヒーを飲んでいる中、「こんにちは~」と席へ。
小さなお店ですが、カレーうどんやそばなどの軽食メニューも豊富で、美味しそう。
娘はイチゴ氷、父ちゃんは宇治金時、私はゆずのシャーベットを注文しました。
「お子さんのかき氷は、カップにしますか?」とお姉さんがきいてくれました。
よく分からないけれど、高知の女性のオススメに、はずれはないので
「お願いします」と言いました。
「宇治金時にミルクはかけます?」と、重ねてお姉さんがきいてくれました。
こちらもよく分からないけれど、もちろん「お願いします」と言いました。
しばらくして運ばれてきたのは、プラカップに入れ、ストローのスプーンをさしたイチゴのかき氷。食べきれなくても持ち帰れるようにしてくれたのです。
ガラスの器に入った宇治金時のあんは、てっぺんにちょこんとのせるタイプではなく、かき氷の真中に、おまんじゅうのようにたっぷりと入っていて、緑のシロップと練乳が、これまた、たっぷりとかかっています。料金は定価の350円、追加や割り増しはありませんでした。
それぞれ一口ずつもらって食べてみると、氷がふんわりして、さらっと溶けて、ホントにおいしい! ゆずのシャーベットは風車の道の駅で作られた紙カップ入りもので、あっさりさっぱりしていて、こちらも美味しかったです。
「友達に、かき氷が美味しいって聞いて、食べに来たんです」
とおねえさんにいうと、奥からファイルを持ってきてくれました。
葉山の観光名所やグルメスポットがファイルしてあり、近いのに知らないところがいくつもあって、とても参考になりました。

今年の夏は、川遊びをして、かき氷で〆ることになりそうです。


次回「こんなところに、はやまっと~葉山のおいしいとこ3~」に続きます。

見つけた!コナ・カフェ~葉山のおいしいとこ1~

こんにちは。
今、部屋の中で、気温28度、湿度70を超えました。
雨は降らないけれどムシムシしますね~

先日、ママ友に誘ってもらって、葉山へ行ってきました。
あさぎり市で甘いコーンや野菜を買って、
もくもくでボリュームたっぷりのランチを食べて、
お目当てのコナカフェへ。

青くて小さい建物、と聞いていたので、
運転しながらキョロキョロ。
緑のパラソルが出ている、青い四角い小さなお店が、コナカフェでした。
ドリンクとケーキのセットが500円だったので、3人でそれを注文して。
須崎の女性オーナーが一人で切り盛りしている
小さなテーブルとイス、ソファだけのお店で、
ベビー連れの私たちが入ると、
それでいっぱいになってしまうほど。
黒糖のチーズケーキ、ごまのチーズケーキ、シフォンを注文して、
みんなで一口ずつ味見しました。
シフォンも美味しかったけれど、
チーズケーキと、おまけのチョコココナッツプリンが特においしくて。
ねっとりとしていて、でも、甘さは後をひかない感じで。
みんなでお土産をたくさん買って、帰りました。
チーズケーキの好きな方なら、きっと気に入ると思います。
もし、お店が見つけられない時は、
あさぎり市の冷蔵庫でも販売していますよ。


次回、「かわうその氷~葉山のおいしいとこ2~」に続きます。

リベンジ! 讃岐うどん2~日の出製麺所~

すいません、この記事は前回の続きになっています。よろければ前の記事と合わせてご覧くださいませ。

坂出駅でお土産と切符を買い、母を見送ると、12時過ぎ。
サティで朝食用のパンを買い、車でインターへ向かうと、「日の出製麺所」には、さらにさらに長蛇の列ができていました。こんな暑い日に、こんなに人が並ぶなんて、きっと、すごく美味しいんだろうなぁ。ちょうど駐車場が空いていたので、こそっと止めて、列の最後に着いたのが12時28分。たいあいの後ろに若い女の子のグループがきて、その後のお客さんからは丁寧にお断りされていました。ぎりぎりセーフ! 備え付けの黄色い傘を借りて、待つこと30分。名古屋や三重、岐阜ナンバーの車やバイクもあって、なんだかなつかしい気分です。高校生の男の子が、ゆでたての麺を10人分、ビニール袋に入れてお持ち帰りしていて。きっと家族のお昼御飯になるんでしょうね、近くていいなぁ。
1時過ぎ、お店に入ると、狭い土間に長テーブルとパイプ椅子がぎっちり並んでいて。お姉さんが指定した席に小さくなって座り込み、うどんが運ばれるのを待ちます。ここでも注文はぶっかけうどんの小にしました。まわりの人を観察して、ネギをキッチンバサミで切り、天かすやショウガを入れて、出汁をかけました。ちょっと箸をとるだけで隣の人と肘が当たり、奥の人が出るときやお茶を汲む時には立たなければなりません。ゆっくり味わって食事をしたい、たいあいには、ちょっと切ない感じでしが、うどん自体はピカピカでグニグニで本当に本当においしかったです。製麺所より、普通のお店の方が、初心者のたいあいには向いているようです。
どのお店の、どのうどんも、食べ終わるのがもったいないほどの美味しさでした。本場の讃岐うどんは、やっぱり美味しい! 1回目であきらめず、2回来て見てよかった~ 今度は家族みんなで、いろんなお店に行ってみたいです。

リベンジ! 讃岐うどん1 ~こむぎ~

高速道路が1000円になる日曜日、香川に行ってきました。母を坂出駅まで送るついでに、今度こそ、おいしい讃岐うどんを食べたいと考えたのです。
一度目の失敗を教訓に、まずは情報収集。以前、Kumiさんに教えていただいたHPと、香川新聞のHPを参考に、駐車場があって、座れて、分かりやすくて、坂出駅に近くて、日曜日のお昼にやっているお店をチェック。たいあいでも行けそうな2,3件をメモして、出発しました。
高速を降りて駅に向かう途中、左手に行列が見えてきました。チェックしてきた1軒、「日の出製麺所」です。HPの情報によると、11時半から12時半までの1時間だけ、うどんが食べられる人気店とか。まだ10時半なのに、すごいですね! 夏のような暑さの中、膝の悪い母を並ばせるわけにはいかず、ここはスルー。坂出駅前のサティに車を停め、1Fに降りると、フードコーナーにセルフ店と通常店の2店を発見。空いてるし、駅に近いし、ここでもいいなぁと思いながら、瓦せんべいや金時豆の天ぷら、豆パンなどの香川名物を購入しました。
サティの裏口すぐに、うどん屋さんが2軒。1軒はカレーがおいしくて、もうひとつはエビのてんぷらが有名だそう。母の意見で、海老天の「こむぎや」に入ってみました。
2組ほどのお客がいるけれど、まだ空いていて、ゆったり座れます。お姉さんが注文をとってくれる通常店です。海老天うどんど、ぶっかけうどんの小をひとつずつ注文。あとおでんを2本。注文を受けてから揚げる海老天は、サクッとしてぷりっとして、さすが名物! おだしも美味しかったです。暑い日だったせいか、ぶっかけが特に美味しくて。歯ごたえがあって、グニグニ弾力があって、小麦の香りがして。冷凍うどんばかり食べているたいあいには、びっくりするほど美味しくて、1本食べるごとに「美味しいね」「さすが本場だね」と言い合いました。

すいません、次回「日の出製麺所」に続きます。

讃岐で、初うどん

こんにちは。寒いけれど気持ちのいい青空ですね~。

すいません、今日は高知じゃなくて、香川のうどんの話になりますが。
帰省の途中、あこがれの讃岐うどんを初めて現地で食べるチャンスがあって。高速を善通寺で降りると、坂出までの間に、いっぱいセルフのうどん屋さんがあって、どこで食べてもみんな美味しい、と近所の人から教えてもらったのです。
四国のブログにも、美味しそうな讃岐うどんがズラリと載っていて。冷凍の讃岐うどんばかり食べているたいあいは、とても楽しみにしていました。
善通寺を降りたのが夜8時。周りは真っ暗で、子供たちも腹ぺこ状態。どこでも美味しいらしいから、目についたところに入ろうとキョロキョロ。と、ほどなく、少し離れたところに、「うどん」の大きな電光看板が。その後も、対向車線側に、看板がいくつも出てきました。が、遠回りを嫌う父ちゃんは、あくまでも順路の店にこだわり、どんどんスルー。だんだん道がさびしくなって、坂出まできてしまいました。脇道に入ってぐるぐるすると、1軒、「セルフうどん」の看板が! 暗くて店の名前は分からなかったけれど、入口にうどんを打つ人形?がディスプレイされていて、インパクトがあります。
「すいません、ここ、初めてなんですが…」
というと、店員さんが愛想よく、
「じゃ、席に座っていて下さい」といってくださいました。
結局、その年配の女性が、席で注文を取ってくださって。店の真ん中にだるまストーブがあり、おでんもグツグツ煮えています。鉄板でお好み焼きを焼いている若い女性客や、テレビを見ながらうどん&おいなりさんを食べている男性客も。空腹の子供たちはうどんを待ちきれず、おでんをパクパク。味噌がおいてあったのも、中部出身のたいあいにはうれしかったです。
釜あげ、カレーうどん、天ぷらうどん、きつねうどんを頼みました。めちゃくちゃ美味しい! とはいかなかったけれど、ほっこりとあたたまれました。
憧れが大きすぎたのかもしれないし、夜遅かったのがいけなかったのかもしれません。讃岐うどんのブログによると、美味しいところはお昼すぎに売り切れて、閉店してしまうようですし。
行きやすくて、駐車場があって、子連れでもOKで、待たずに入れて、初心者でも緊張せずに食べられる、そこそこおいしいお店。そんな都合のいい店があるかどうかわかりませんが。もっとよく調べて、次回、昼間にリベンジしたいと思います。

ランキング参加中。
↓ひと押し、お願いします。
FC2 Blog Ranking

越知 その後~キリン館と松田精肉店~

おはようございます。今日もあたたかくていい天気ですね~

すいません、二つ前の記事「ホントに大きい! ビッグチキンカツ」の続きになりますが。

コメントをいただいて、お店の名前が分かりました! 
「まいどおおきに市場 キリン館」です。
高知発、お出かけぶらぶら日記!!☆
のよっちゃんさん、教えていただいて、本当にありがとうございました(礼)
↑クリックしていただくと、よっちゃんさんのブログに掲載された、唐揚げ弁当の写真が見られます。地図も載っていますよ~
(クリックするとぴょんと飛ぶのは初めて使ってみました。うまくいかなかったらご一報いただけるとありがたいです)

先日、佐川の耳鼻科にいったついでに、もう一度、キリン館へ行ってみました。夕方であまり商品は残っていなかったけれど、25円のコロッケやお魚のフライ、うの花などが買えました。どれも、お値打ちなのに、ちゃんとしていてよかったです。

キリン館から300mほど東に、松田精肉店があって。ここのコロッケも美味しいと聞いていたので、立ち寄ってみました。暗くて駐車場が分からず、隣のロータリーに駐車。ショーケースにはコロッケと唐揚げの札が出ていたけれど、商品はやっぱり完売済でした。
「昼過ぎになくなる日も。10個や20個までなら、電話してくれればとっておくよ」とのことでした。
お肉の方も、国産豚の切り落としがグラム100円、国産牛の切り落としがグラム126円と破格! 特に牛切り落としには、「すき焼き用」と明記されているあたり、お店の自信が感じられます。コロッケのかわりにこちらをいただいて、さっそくすき焼きにしてみました。これが、すごく美味しい! 家で食べる分には、これで充分、大満足です。これ、越知牛なのかな?
美味しい市場や魚屋さんに加え、お肉屋さんが分かって、高知でのご飯作りが、またちょっと楽しくなりました。

松田精肉店 電話 0889-26-3333

ランキング参加中。
↓ひと押し、お願いします。
FC2 Blog Ranking

マーボー丼はなかったけど ~高知新阪急ホテル 白楽天~

こんにちは。今日もあたたかいですね~ 
布団もシーツも洗濯物もたっぷり干して、いい気分です。

すいません、前回の記事の続きになりますが。
昨日、幼稚園ママの友達が参加している展示会に行ってきました。高知新阪急ホテル1Fロビーでの手芸会とあって、品の良いマダムたちで大盛況。たいあいも、千円程度の可愛いアクセを選んだり、簡単な匂袋作りに挑戦したりして、ちょこっとセレブ気分。本日最終日、4時までの開催です。

お昼御飯はママ友と、ウワサのマーボー丼にトライ。ホテルでランチなんて、本当に久しぶりです。いそいそと2階の白楽天に向かうと、満席で20分待ち。スーツ姿の男性や年配のマダムが多いよう。人気のお店なんですね~。
待ち時間で、じっくりサンプルを品定め。お店の方に聞いてみると、マーボー丼は日替わりのメニューのため、残念ながらこの日はありませんでした。が、ちょうど12月いっぱい炒飯フェアをしていて、その中のマーボー炒飯が、丼と同じものだと教えていただいて。「夜のマーボーは牛肉ですが、昼は豚肉をつかってさっぱりと仕上げておりますよ」と、丁寧な解説&スマイルつき。もちろん二人で、それを注文しました。
トウガラシがたくさん見えるけれど、あまり辛くなくて、マイルドな味。結構ボリュームがありましたが、トロリとしたあんもいい感じで、ペロリと食べられました。サラダに入っていた春雨と、杏仁豆腐も美味しかったです。
お会計をしたら2時間の駐車券がいただけました。娘のお迎えのため急いでPへ行くと、2時間を超えていたのに、係りの方が「このチケットだけで結構です」とニッコリ。ホテルなのに気取ってなくって、しかも太っ腹! すいません、ありがとうございます。
ホテルでの半日、高知らしい感じのいい対応で、とてもいい気分で帰りました。

ランキング参加中。
↓ひと押し、お願いします。
FC2 Blog Ranking

釜玉+出汁 ~たも家~

こんにちは。いい天気ですね~
長男は野球、娘と父ちゃんはスイミング。にわか雨が怖いので、たいあいは家で布団と洗濯物の見張り番をしています。

高知のブログを拝見していて、とても美味しそうなうどんの食べ方を見つけました。釜玉というのを一つ頼み、半分はそのまま食べて、残りの半分にはアツアツの出汁をかけて食べる、というもの。中部出身で、一度で3度美味しいひつまぶしが大好きなたいあいには、とても魅力的なメニューです。先日、たも屋に行くチャンスがあったので、さっそくトライしてみました。
「すいません、釜玉の小ひとつ」
「5分ほどかかりますが、どうします?」
娘のお迎えまであまり時間がないけれど、とても食べてみたかったので、待つことに。スタート地点に立って待っていると、
「お呼びしますから、お座りになってお待ちください」
と声をかけられました。途中で出汁をかけるから、出汁の機械の近くのカウンターに荷物を置いて、店内をきょろきょろ。女子高生もOLさんもいて、一人客でもあまり目立たないのがいいですね。
「釜玉の小の方、お待たせしました~」
呼ばれて、いそいそと向かうと、目の前で、若い女性がさっと受取り、レジに向かってしまいました。
「あっ…」
声に出さなかったけれど、そこはさすが、高知の女性。ゆで係の方がすぐに気がついてくれて、
「その釜玉、こちらのお客様のだったのに!」
と、声をかけて下さいました。
「ごめんなさいね、お待たせして」「すぐできますからね~」
と他の店員さんも口々に気の毒そうに言ってくれます。奥から店長らしき男性も
「すいません、もう少々、お待ちください」と大声で謝ってくれます。
きっと、ものすごく、悲しそうな顔をしちゃっていたんでしょうね。申し訳なくて、なんだか恥ずかしくなってしまいました。よく考えたら、釜玉は初めてなので、食べ方が分かりません。先の若い女性をお手本にさせていただくことにしました。まず、寸胴鍋から色の濃い出汁を、お玉で1杯、直接、器に入れて。揚げ物はいらないのでパス。お会計をしたら、わかめとねぎ、大根おろし、揚玉をひとすくいずつ。なるほど~。好きなショウガを足して、席にもどり、ゴマもプラス。アツアツのうどんに、半熟になった卵。だから、ゆがきたてじゃないとダメなんですね~。よく混ぜて食べてみると、うどんの味がダイレクトに味わえる感じ。出汁はもう少し入れた方がよかったかな。半分食べて、立って普通の出汁を入れ、唐辛子もプラス。かき玉風になって、体もあたたまって、最後まで美味しくいただきました。
やり方も分かってきたし、400円ぐらいだし、時間のない時のお昼の定番になりそうです。

ランキング参加中。
↓ひと押し、お願いします。
FC2 Blog Ranking

ショウガ!

おはようございます。小雨まじりで、いきなり真冬の寒さですね~ とりあえず、マフラーや手袋も用意してみました。

高知にきて、車で走っていると、とにかく目につくのがササの畑。
「なんだろう?」
「畑でササ、育てないよね?」
と、春から父ちゃんと話していたのですが。やっと正体が分かりました。
ショウガ。
子供の背丈ほどにきれいに伸びたササの葉を掘り起こすと、根っこの部分が、あの、ショウガだったのです。今は収穫の時期らしく、掘り起こす人、葉を束ねる人、ショウガをきれいにする人、数名がチームを組んで、あちこちの畑で作業してらっしゃるのを、よく見かけます。
市場やスーパーで売っているショウガは、固く乾いていて、球根のような感じですが。畑から掘り起こされたばかりのショウガは、みっちりとしてみずみずしく、茶色いグローブのような大きさ。そのままかじりたくなる野菜らしさがいっぱいです。ピリリとしていて体があたたまるショウガは、たいあいも大好きですが、各家族なので、ひとパックを冷凍庫で保存して、ちょこちょこ使う程度。でも、あのフレッシュなとれたてショウガは、絶対においしそう。ジンジャーエールとかにしたら、ひとかたまり、家族でおいしく食べきれるかも。朝市で旬のショウガに出会う日のために、ネットで簡単なジンジャーエールのレシピを探してみることにします。

ランキング参加中。
↓ひと押し、お願いします。
FC2 Blog Ranking

かゆくならない赤目里芋

おはようございます。朝、長男が唐突に「ハロウィンパーティしたい!」と言いだして。急に言われても、今晩は餃子と赤飯の予定だし… よくよく聞いてみると、要するに、お友達といっしょに、お菓子を食べて、ジュースが飲めればいいらしい。「仮装はいらないから。子供っぽいし」トリックorトリートといってお菓子をもらうのは子供っぽくないの? 小4男子の考えることは謎ですが。まぁ、それくらいなら何とかなりそうなので、娘が帰ったら買い出しに行ってきます。

買い出しといえば。昨日、地元のママ友に、近所の木曜朝市というのに連れて行ってもらいました。歩道の両側にビニールシートや屋台が続き、おじちゃん・おばちゃんが店番をしています。お祭りみたいで、楽しい! 
 イノシシとブタを掛け合わせたイノブタのソーセージ。ドイツから指導者を招いた本格派とのこと。
 市内でとれたハチミツ。これに、ゆずを皮ごと種ごと漬け込むと、美味しいゆず茶になる。
 新米のもち米。初めてみました。家族全員が赤飯好きなので。
 ちゃんと塩もみして食べるばかりになっているリュウキュウ! ちょうど1食分で100円なのもうれしい。
 おばちゃんお手製のカブのおつけものと、塩抜きした八竹?(しなちくに似てます)
 そして、赤目里芋。300gで200円、おばちゃんが小刀で皮をむいてくださいます。
「おばちゃん、手、かゆくならんが?」と、ママ友が声をかけると。
「濡らしたら、かゆなる。水洗いして、一日天日で乾かしようき、こんだけ剥いてもかゆならんえ。」
あのヌルヌルが、かゆみの元だったのです! なるほど~
「煮るとき、吹きこぼれるろ? 最初に砂糖を少し入れて、弱火にかけるが。砂糖が飴みたいになるろ? そしたら出汁やら醤油やら入れて、火を一番うすーくして、トロトロたくが。そうすると、吹きこぼれんと、中まで柔らこうなるがえ」
うーん、おばちゃんの話を聞いているだけで、美味しそう!
さっそく一袋お願いして、夕食は、里芋と八竹と鶏肉の煮物にしました。ほっこりして、煮汁もとろとろして、まったり美味しい! 皮をむくと赤い筋があるから、赤目里芋っていうのでしょうか?
誘ってくれたママ友は生粋の高知女性。お店のおばちゃんやお客さんにもどんどん声をかけて、相手も何でも答えてくれて、おしゃべり半分、お買いもの半分、といったところ。そのやりとりや雰囲気も、また楽しいのです。
「分からんことあったら、何でもかんでも聞いたらいいがよ~」
どうやら、初対面の相手でも、買うかどうか分からなくても、MAXのなれなれしさで(たいあい比)、いきなり声をかけても大丈夫らしいのです。誘ってくれてありがとう! すごく面白かったし、生きた土佐弁の勉強になりました。

ランキング参加中。
↓ひと押し、お願いします。
FC2 Blog Ranking

マコーズのベーグル

おはようございます。グッと冷え込んで、銀杏の葉が黄色くなってきました。秋ですね~

先日、幼稚園の遠足に行った時、お弁当にお手製のベーグルを持ってきているママがいて。美味しそうですね、というと、「マコーズという好きなベーグル屋があって、そこのを目指しているけれど、なかなか。今週は3度も作って子供に飽きられている」とのことでした。

昨日、帯屋町に用事があったので、さっそく探してみました。方向音痴だし、詳しい場所は分からないけれど、高知だから、きっと誰かに聞いたら教えてもらえると思ったのです。
よさこい祭りの時ステージになっていた公園でキョロキョロしていると、前から颯爽としたキャリアウーマン風の女性が二人、歩いてきました。
「すいません、このあたりにマコーズというベーグル屋さんがあると聞いたのですが…」
最後まで言わないうちに、
「ああ、マコーズ?」とにっこり。二人で足を止めて、道路を指し示しながら、分かりやすく教えてくださいました。毎度のことながら、高知の女性の親切な対応は見事のひとこと。こちらもニコニコいい気分になれます。
ラ・ビィータという結婚式場?の1Fで、カフェも併設。ちょうどお昼時とあって、シックな店内で、OLさんのグループがランチ中でした。メニューも美味しそうで惹かれましたが、娘のお迎えに間に合わない。5種類ほどテイクアウトすると、700円くらいだったのに、ちゃんと駐車券にスタンプを押してもらえました。「素敵なお店ですね、今度ゆっくりランチにきます」というと、イートインやテイクアウトのメニューも入れてくれて、「ありがとうございました!」とスタッフ全員でお見送り。しゃれた店なのに、店員さんもニコニコして、とても感じがいいのです。朝食でいただいたベーグルは、どれも包丁を跳ね返すほどもっちりと弾力があって、いい素材を使ってじっくり焼いた味がします。子供もよく噛んでくれるのがうれしいです。
高知のブログでよく拝見する有名なお店もたくさんあったのに、ゆっくり見られなかったのが心残り。行き方も駐車場の場所も覚えたので、今度は早めに行って、ぺたんこの靴をはいて、帯屋町周辺を歩いてみたいと思います。

ランキング参加中。
↓ひと押し、お願いします。
FC2 Blog Ranking

山北くん、ぎゅうぎゅう詰め

おはようございます。雨上がりでひんやりして、一気に秋の空気ですね。幼稚園ママに聞いたところ、「もう暑くはならんやろ~、すぐ11月やし」とのこと。太陽が出てきたら、夏物を片付けようと思います。

みかんのおいしい季節ですね。前にも書きましたが、うちの娘がみかん好きで。1日に5,6個食べてしまうので、いつも手の届かない所に隠しているほどです。
彼女の最近のお気に入りが、山北みかん。一袋298円で、近所のスーパーに売っていて。その袋に印刷されているキャラクターが好きなのです。そばかすだらけの顔に、ちょっとはにかんだような笑顔。「山北くん」という名札をつけています。高知にしては珍しく?やなせたかし氏のデザインじゃなく、ちょっと素人っぽい感じが(失礼!)こぶりで甘いみかんにぴったりです。
「ママ、山北くん、あと二つだよ~」
娘に催促されてスーパーに行くと、ちょうど山北みかんの詰め放題を開催中。娘に袋を持たせ、好みの山北くんを入れさせることにしました。と、スーパーの方が寄ってきて、
「味見していきいや~」と、一つ娘に手渡し、さらに、
「いっぱい詰めや~、小さいのがたくさんはいるき。」
とビニールにぎゅうぎゅう、口がしまらないほど詰め込んで、
「レジの人にはなぁ、店のおんちゃんが入れた、って言いやぁ~」
とニッコリ。すいません、ありがとうございます。
そのままレジに持っていく勇気がなかったので、袋からそっと一つお返しして帰宅しました。
娘がさっそくお気に入りの山北くん袋にみかんを詰め替えたのですが、全然入りきらなくて。気前のいいスーパーの方のおかげで、いつもの値段でいっぱい美味しいみかんが手に入りました。菓子鉢に入れて、また高いところに隠しておこうと思います。

ランキング参加中。
↓ひと押し、お願いします。
FC2 Blog Ranking

苦瓜、りゅうきゅう、芋の茎

こんにちは。今日もムシムシしたお天気ですね~。
「このへん、風が吹くと雨が降るんだって」と、息子が教えてくれました。確かに、ムッと空気がよどんだあと、さわさわと風が吹き、ご近所の風鈴がいい音色をたてると、ザッとにわか雨が降るようです。おかげで、せっかく干した布団を濡らすことも少なくなりました。

昨日、息子が理科の時間に育てた苦瓜を、家庭科の時間に調理したようで。ベーコン炒めとお茶の2種類。どちらも苦かった、と、いっていました。苦瓜もお茶にできるのでしょうか? 朝市でも見かけた覚えがないのですが…
朝市と言えば、ずっと気になっていたのが「りゅうきゅう」と「いものくき」。
りゅうきゅうは、腕ほどの長さのセロリの茎のようなもので、3本セットで100円。鑑賞用なのか食用なのかも分からないほど、ドンと存在感があります。皮をむいてスライスし、塩もみして酢の物にする、とママ友に教えてもらい、さっそく作ってみました。くわいともみょうがとも違うシャリシャリした食感は、夏にぴったりの爽やかさ。残念なことに、たいあいは手が合わなかったらしく、里芋の時のようにかゆくなってしまいました。
いものくきは10㎝ほどの淡緑の茎。ビニール袋に詰めて、保冷剤の上で売られているところを見ると、あまり日持ちがしないのかも。こちらも教えられたとおり、油揚げと一緒に薄味の和風だしで煮びたしにしてみました。独特の歯ごたえがあって、初めて食べたけれど、どこかなつかしい味。箸休めにぴったりです。

風が吹いてきたらしく、風鈴が鳴り出しました。そろそろ干し物を取り込んできますね。

ランキング参加中。
↓ひと押し、お願いします。
FC2 Blog Ranking

シンコのお刺身&酢みかん

こんにちは。今日もムシムシしますね~ 
こんな天気にぴったりの美味しいものを見つけました。

魚屋さんをのぞいていると、半切りの青い柑橘類が添えられた刺身があって。「それ、シンコ。食べられるの、今だけだよ。50円引くよ」と声をかけられ、即、購入しました。さっそく果汁を搾りかけてみると、小さくて固い実なのに、部屋中が香りでいっぱいに。ゆずとも早生みかんとも違う、すがすがしくてサッパリした感じです。暑くて食が進まない娘も大喜びでぱくついています。
翌朝、朝市に行くと、早くも新米が並ぶ中、同じ果実が6個50円で並んでいて。思わず一袋買ってしまいました。地元のママ友に聞いてみると、「それは酢みかん。シンコとちょうど同じ時期にだけ出回るき。たくさん買ったんなら、しらすややっこにかけるといいが~」と教えてくれました。うんうん、合いそう、美味しそう!
それにしても、限られた同じ期間に、海と山でとれる幸が、こんなにぴったり合うなんて! 不思議でもあり、当然でもあるような気もします。スーパーも便利だけれど、朝市や魚屋さんをのぞくのが、高知の楽しみのひとつです。

ランキング参加中。
↓ひと押し、お願いします。
FC2 Blog Ranking

やまももも、すももも、

おはようございます。久しぶりにいい天気ですね~

…などとブログを書こうとしたら、なぜか文章が入力できなくて。あいうえお、と打ちたいのに、あ54え6、と変わってしまいます。この「あ54え6」で検索したら、ちゃんと原因がわかりました。うっかりNum LKキーを押してしまったようです。ネットの検索機能、すごいですね~

最近、話題の牛肉偽装事件を、よく見ます。私、この県の出身で。社長vs社員、ナマの方言がガンガン飛び出しています。感情が高ぶった時は、カメラ前でも、素の言葉が出てしまうものなんですね~ 不祥事ではあるものの、久しぶりに聴く故郷の言葉に、毎朝、ちょっとなごんでいます。

近所の木の下に、青いネットが張ってあるのを見つけました。よく見ると、中に、赤く熟れたやまももがいっぱい!一度気がつくと、普通の民家の庭先、あちこちで同様の仕組みを発見しました。コロコロした実がハンモッグで寝そべるように受け止められている姿は、また愛らしいですね。あの中のいくつかは、市場に出されて、たいあい家にやってくるかもしれません。

昨日は市場ですももを見つけ、買ってみたのですが。これがもう、おいしいのなんの!パックのわずかな隙間から甘酸っぱい香りが流れ、手で触れると指の跡がついてしまうほどの完熟状態。そっと皮をむくと、たっぷりした果汁が流れ落ち、上皮がごく薄くめくれて、うっすらピンクの果肉が現れます。縦の線にそってナイフを入れると、平べったい種をロスなく取り去ることができました。少し透明に見えるほどやわらかく熟れた果実は、舌にのせるだけでとろけそう。娘と夢中になって食べ、あっという間に1パック完食してしまいました。すももは全国で見かけるけれど、こんな悪魔のようにおいしいのは初めてです。ぎりぎりまで完熟にして、朝どりをその日のうちに食べるからでしょうか。宅急便で知り合いに送ってあげたいけれど、このデリケートな果実はきっと痛んでしまうでしょう。高知に住んでいる人間の特権で、これからもう1パック、買ってきたいと思います。

ランキング参加中
FC2 Blog Ranking

やまもも発見!

おはようございます。今日も傘が手放せませんね~

市場に行ったら、見たことのないフルーツがありました。ラズベリーのつぶつぶをもっと細かくして、まんまるにした感じ。毛糸で作ったポンポンのようです。「やまもも」と書かれた小さめのパックを一つ購入しましたが、隣には「酒用」とかかれた大入りのもありました。梅酒みたいに果実酒にするのでしょうか?家に帰り、おばちゃんに聞いた通り、塩水でよく洗って、そのままひとつ食べてみました。樹液のような独特の芳香があり、プチっとした食感。ぶどうとチェリーを足してさっぱりさせたような味わいで、大きめの種が入っています。高知県の木であり、高知新聞掲載の子供の詩集名でもあるので、名前は知っていたのですが。こんなにキュートな果実だとは知りませんでした。高知ならではのかわいい果実、今が旬です。

ランキング参加中
FC2 Blog Ranking

お遍路さんと鍋焼きラーメン

こんにちは。急に薄暗くなって、大雨が来そうですね~

今日のお昼は、須崎市の「道の駅」近くにあるかまぼこ屋さん「ケンカマ」に行きました。売店奥が広いレストランになっています。のどがイガイガするので、蒸し暑さは無視して、鍋焼きラーメン(630円)を注文。寒気がするとき、体調がもうひとつのときには、無性に食べたくなります。
運ばれてきたお盆には、見なれたお漬物のほかに、ニンニクのすりおろしが。具も、わかめやもやし、えのきなどが加わっています。茶色のちくわとピンクのなるとの2種類入りなのも、かまぼこ専門店ならではでしょうか。スープの味はちょっと甘めで塩気もマイルド、たいあい好みでおいしかったです。にんにくと七味唐辛子をたっぷり入れたので、食べ終わる時にはポカポカ汗ばむほどでした。
団体客の利用も多いようで、今日のお昼には名古屋からきたお遍路さんご一行がお食事中でした。白装束の年配の方々の中にポツンと一人、黒スーツと厚底靴の添乗員さんが。チャラ男芸人「慶」にそっくりだったのも、なかなかシュールで味わい深かったです。お遍路さんに囲まれて食べる鍋焼きラーメン。これも高知ならではの思い出ですね。

雷がゴロゴロいってきました、落雷が怖いので、ぼちぼちパソコンの電源を落としますね~
では、みなさま、よい週末をお迎えくださいませ。

ランキング参加中
FC2 Blog Ranking

ノムラのミレービスケット

おはようございます。今日は朝から梅雨全開ですね~。除湿機がフル回転です。

高知のブログを拝読していて、ミレーというビスケットを初めて知りました。夏季限定の塩味のが、とてもおいしそう。スーパーに行くと、入口すぐの特設会場で、なんと「ノムラ・フェア」が開催中!ブログの神様に感謝です。ビスケットだけじゃなく、豆やおせんべいなど、たくさんの種類のお菓子が。駄菓子屋さんでよくみるポット入りや、枕タイプと名付けられた大袋入りのも。残念ながら夏季限定のは「注文していない」とのことで手に入りませんでしたが、青いパッケージのミレービスケットと、白いパッケージの横綱あられの2種類を購入しました。製造は、高知市内にある野村煎豆加工店。だから豆菓子もたくさんあるんですね~。
さっそく、子供たちのおやつに出し、ひとつ、つまんでみました。幼稚園児も一口で食べられる、小ぶりサイズ。こんがりとした濃いめの焼き色をしています。表面にまぶしてある塩は、太陽と風だけで結晶化した、天然天日塩100%。カリっとした歯ごたえとともに香ばしさが広がって、くどくない甘さとほのかな塩味がいい感じ。ビスケットなのに後に甘さが残らず、つい、もう一つ、手が伸びてしまいます。なるほど~、これはおいしいなぁ。牛乳やコーヒーにもよく合いそう。
そういえば、関東に初転勤した際、「おにぎりせんべい」というお菓子がどこにもなくてびっくりしたっけ…。ブログで教えていただいたHPによると、このノムラのミレービスケット、昭和30年ごろから製造されているとか。半世紀の歴史を持つ高知生まれのおやつ、たいあい家でも定番になりそうです。

ランキング参加中
FC2 Blog Ranking

皿鉢?盛り合わせ?

こんにちは。午前中とはうってかわって青空ですね~。久しぶりに窓を開け放しています。

幼稚園ママからびわをいただきました。「見た目はちょっと悪いけど、実家でとれた、無農薬やき。」よく熟れて、いい匂い。「びわの汁は茶色いシミになるき、気ぃつけて食べてよ~」とも。初めて知りました。暑くなってきたことだし、子供たちには服を脱いで食べてもらいましょう。

先日。楽しみにしていた幼稚園の懇親会がありました。6時半スタート、2時間半の飲み放題付き、メンバーは女性のみです。お座敷の下座の方に座って、お料理を見ると。きれいな絵のついた大皿に、お刺身、揚げ物、お寿司、貝、フルーツなどが並んでいます。これは、もしかして。皿鉢料理?
「違うね~、これはただの盛り合わせやね~」
「皿鉢料理はね、もっと大きい皿で」
「魚の頭とかもあって」
「甘いものも乗ってて」
「…あそこに羊羹がのってるけど…」
「羊羹あるけど、皿鉢じゃないね~」
と口々に教えてくれます。うーん、残念。あこがれの皿鉢料理ではありませんでしたが、とても美味しそう。
「皿鉢料理はね~、子供はあんまり喜ばんき、うちじゃ手巻き寿司とセットにするきよ」
「見たことなが?じゃ、今度は皿鉢料理の会、しよ~!」
と、うれしい提案も。近いうちに、本物の皿鉢料理が見られるかもしれません。
挨拶と自己紹介の後は、ビールで乾杯。お上品なグラスでは間に合わず、大きめのコップをもらう人、チューハイに切り替える人。久しぶりの飲み会で、2杯めのゆずチューハイから、頭がぽーっとしてしまいました。が、女性ばかりがにぎやかにおしゃべりして、笑顔で盛り上がっている様子は、とても楽しくてなんだか華やか、いい気分です。いろいろしゃべっていっぱい笑って、2時間半の間に、とても仲良くなれた気がします。翌日、「あんまり飲んでなかったんじゃない?」と言われましたが、私にとってはMAXでした。確かに、お酒に強い人はとても強かったけれど、ただお酒だけが目的じゃなく、みんなで集まって楽しく盛り上がるのが大好き、という感じがしました。これがお客なのかな?結婚後、初の飲み会が高知でラッキーでした。次回もとてもとても楽しみにしています。

ランキング参加中
FC2 Blog Ranking

かつおのたたきの作り方は

おはようございます。今日もよく降りますね~ なんだか肌寒くて、一度片づけた長袖を、また引っ張り出しています。

明日、義母がくるのですが。高知が初めてで、ぜひ、かつおのたたきが食べたいとのこと。そういえば、いつもお刺身みたいにわさびとしょうゆで食べていたけれど、お店で食べた時は、なんか上にいっぱい野菜が乗っていて、タレで食べていたっけ…
さっそく、地元出身のママ友に聞いてみると。水にさらさない新玉ねぎのスライスと、ネギの小口切りをたっぷり、好みでにんにくのスライスをプラス。たれは、しょうゆと酢を同量に、砂糖少しとにんにくのみじん切りを混ぜればOK。「お皿にかつおを並べたらね、塩を少しふりかけて、手で軽く押して、なじませておくと美味しいよ~」と、いつも作っている人ならではのコツも伝授されました。丁寧に教えてもらったので、私でもなんとか作れそう。雨が小ぶりになったら、買い出しに行ってきますね。

ランキング参加中
FC2 Blog Ranking

調子に乗って、失敗…

こんにちは~、よく降りますね。洗濯物を乾かすのに、除湿機が本格始動してます。ぽちゃん、ぽちゃんと水音がして、いかにも採れている感じ。梅雨真っ只中、心強い味方です。

先週のHEY×3を見ていたら、小夏をつかった特製スイーツが出てきました。ブンタンなき後、うちでも小夏をよく食べていたので、うれしかったです。店のおばちゃんに教わった通り、よく冷やして、りんごみたいにくるくる薄く皮をむいて、白いところといっしょに食べていますが、これもおいしい!汁けがたっぷりで、さっぱりしてて、一人ひとつで、ちょうどいいデザートになりますね。ところが昨日、久しぶりにブンタンを発見しました。夏ブンタンだそう。さっそく一袋買い求めてみると。春のにくらべてちょっと水気が少ないけれど、その分、甘味が強い気がします。これはこれで、またおいしいですね~

さて。今朝、2回目の読み聞かせがあったのですが。子供たちに質問したり、アドリブを入れてたら、時間が足りなくなってしまって。ちょっと慣れたのがアダになりました。先生は「最後までどうぞ」と言ってくださったけれど、勉強の時間に食い込んでると思うと申し訳なくて。調子に乗って、大失敗です。その後、スカッシュバレーもあったのですが、くよくよしてしまって、あまり動けませんでした。気持の切り替えが下手なのもダメだなぁ…次回は短めの話を選んで、時間配分も気をつけなくちゃ、と反省しました。

あ、4日から義母が泊まりに来るのですが。パソコン部屋を使ってもらうことになりそうです。人が見ている前でブログを書くのは、とてもとても気恥ずかしいので、今週の4日から10日までは、あまり更新できないかと思います。ごめんなさい。よろければ、また11日ごろからお立ち寄りくださいませ。


ランキング参加中
FC2 Blog Ranking

サバ子?

おはようございます、今日こそは降りそうですね~ 長男が先週から野球を始めて。週末には、あちこちで練習試合や大会があるみたい。当分、応援要員ですが、見学がてら、高知のいろんな場所に行けそうです。

魚屋さんでサバを買おうと思い、品定めをしていると。2匹で200円、1匹300円、1匹350円の3種類がありました。安くて新鮮で大好きな魚屋さんなのですが、手書きの値札があるだけで、魚の名前などが何もありません。みんな同じに見えるんだけど…聞いてみると、2匹のは昨日ので特売、あとは今朝とれたサバ、とのこと。なるほど~。1日たっただけで、こんなに安くなっちゃうんですね。家族みんなで食べるから、350円のを2枚におろしてもらいました。塩焼きにしようと思い、家に帰って新聞紙を広げると。なんだか白くてデロリンとしたものが入っています。申し訳ないけれど、海なし県育ちの私には、かなり気持ち悪い感じ。苦手なレバーにも似ています。なんだろ、これ?サバといっしょにはいってたから、卵?なんだかすごく大きいけど…どうしていいかわからなくてネットで調べたけど、サバ子の食べ方は見当たりません。とりあえず、塩を振って、サバ親といっしょに焼くことにしました。ドキドキしながらひっくり返すと、パツンと皮が張って、香ばしい匂いがして、とても美味しそう。輪切りにして食べてみると、プチプチして、タラコのような食感、おいしい!中まで味が付かなかったので、お醤油をたらしていただくことにしました。薄めの醤油だしでしっかり中まで煮含めてもおいしそうです。
300円と350円の差は、もしかしたらこのサバ子の値段だったのかも。と、夕飯時になってやっと気が付きました。

ランキング参加中
FC2 Blog Ranking

喫茶店のランチ&モーニング

おはようございます。いいお天気ですね~ 

空豆をサヤごとグリルで焼いて食べると美味しいと聞いて、さっそく朝市へ。レジのおばちゃんに「これ、空豆ですか?」と聞くと、違う豆でした。「空豆はもっと大きいの、これくらい」会話を聞いていた女性客が「こっちで見たよ、こっちこっち」と教えてくださって、無事、購入できました。まるまるして、きゅうりみたいな立派。アツアツがいいらしいので、みんなが揃ってから夕食に焼くことにしましょう。

昨日のお昼、ママ友&就園前のチビッ子たちと、初めて喫茶店に行ってみました。外見は普通の喫茶店ですが、満員の店内、年配の人も若い人も、全員がランチを食べています。海老フライや緑のぬたのかかったお刺身、鶏の照り焼き、野菜もいっぱい入って650円!手作りで、おいしくて、子供と分け合ってちょうどいいほどボリュームがあり、びっくりしました。別料金でドリンクも付きますが、ランチにお味噌汁がついており、量もたっぷりなので、食事だけの人が多かった様子。お店のメニューによると、モーニングもやっていて。400円以内なのに、コーヒー・紅茶に、サラダやパンやオムレツなど、とにかくプレートいっぱいに美味しそうな朝食が乗っています。喫茶店なのに、ドリンクの方がおまけみたい、すごい!高知出身のママ友は、旦那様がお休みの日、家族で朝食代わりにモーニングを利用するそう。これだけボリュームがあれば、ブランチでも大丈夫!しかもお値打ち!来月もおすすめのお店でランチを食べる約束をして、満腹で別れました。娘の幼稚園で給食が始まったことだし、高知の喫茶店めぐりが、とても楽しみ。早起きした休日には、家族でモーニングも行ってみたいです。


ランキング参加中

FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。